アウトソーシング

経理アウトソーシングのメリット・デメリットとは?

中小企業、小規模企業が、経理をアウトソーシング(外注、外部 委託)する場合のメリットとデメリットはどのようなものでしょうか?

自社内部で”経理担当者を育てる”、あるいは”ベテラン経理マンを雇用する”のと、”会計業務を外部にアウトソーシングする”ことを比較してみます。


http://www.sks.tokyo/p/service.html

【経理をアウトソーシングするメリット】

経理の専門知識・社員教育:
経理担当者の育成・雇用が不要で、即、専門家に業務を委託することができる

時間短縮:
経理事務にかかる作業時間の減少 = 本業に専念する時間が増える

効率化:
経理事務の標準化、適正化が図りやすい

コストダウン:
経理人材の教育コスト、給料など費用(固定費)の削減

チェック機能:
外部の第三者の目がチェック機能を果たし、横領など不正行為の抑止効果がある

経理アウトソーシング-メリット


【経理アウトソーシングのデメリット】

社員雇用:
自社の雇用機会(経理担当者の求人)の減少

ノウハウ:
経理内製化しないため、自社にノウハウが蓄積しない

業務管理:
外部に委託するため、経理業務を社内で管理し難い
経理人材が外部にいるため、現場の細かいところまで目が届かない

作業工程:
日々の現金の入出金などは、自社で行い、パソコン入力はアウトソーシング、などと経理業務の工程が分割される

経理アウトソーシング-デメリット


【その他のポイント】

・会社の方針をアウトソーシング(委託)先に理解してもらうことが大切

・役割分担、責任の所在をハッキリさせることが必要

・自社と外部 委託先との連絡スムーズでないと、経理処理が遅れ、
経営の参考にすべき会計情報が遅れる可能性がある



ちなみに、
弊社の経理サービスをご利用いただいている会社を分類すると、3つのタイプに分けられます。

1.創業したての会社(独立、起業、スタートアップの時期で、経理部門、人材が不在)

2.成長中の会社(成長スピードに、経理部門、スタッフの処理能力が追いつかない)

3.二代目・三代目の社長が事業承継した会社(ベテラン経理担当者の高齢化、退職などをキッカケに、社内の会計業務の見直しを考えてアウトソーシングを導入する会社)



また、
弊社では、会計データの入力から、試算表や決算書の作成まで行います。
経理サービスの形態は2パターンあります。

A. 訪問先のお客様の会社のパソコンでデータ入力作業する(出張型)
B.会計資料をお預かりして、弊社のPCで会計データ入力作業する(持ち帰り型)


ご参考になれば幸いです。

サービス / 料金

http://www.sks.tokyo/p/service.html


お問い合わせは、メールフォームまたは、お電話で!

電話: 03-3711-6388 ※受付 10:00~17:00 SKSコンサルティング(資)

 

 


お問い合わせフォーム

名前

メール *

メッセージ *